初心者でも大丈夫!上手くいくFXの方法

FXの意味

まずはそもそもFXとはどういう意味の言葉なのか、なんという言葉の略称なのかについて見ていきたいと思います。

FXとはもともと外国為替取引の意味であり、英語でForeign Exchangeという言葉の略称でもあります。
FXが始まった最初はそれだけを指していたのですが、FXが定着してきた最近では外国為替証拠金取引のことも表すというものとして一般的な言葉として広まっていっています。

どうしてもFXという言葉の方が有名ですので、その意味まではあまり気にはしていないなんて方も多かったと思いますが、実際のところを調べてみるとこんなに深い意味があるなんてびっくりしますよね。
これからはこの意味も意識して利用していきたいですね。

どんな内容か

FXが外国為替取引のことだというのは前文のページでご説明した通りなのですが、ではその外国為替取引とは一体どういったものなのでしょうか。

外国為替取引とは、簡単にご説明しますと日本円を外国のお金に両替することを言います。
例えば、空港や銀行で海外旅行用に日本円をアメリカドルなどの現地のお金に両替することも外国為替取引とも呼びます。

ですが、FXの場合は基本はそれとほぼ同じなのですが、取引を現金ではなく証拠金という担保みたいなもので行っていきます。
その取引で利用した証拠金をそのうち必ず決済するという約束のもとで常に行われていっています。
ですので、他の資産運用と比べて資金効率がとてもいいと言われています。


このPostをシェアする